病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の就職のコツ

病院薬剤師の就職のコツ

病院勤務の薬剤師は、薬剤師の中でも、病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤・製剤を行うこと。また薬の効果や副作用を説明する服薬指導を患者さんに行うこと。そして、薬事衛生や感染症対策を行っていくという仕事を担う、薬のスペシャリストである必要があります。薬剤師は、薬学と医療において専門性の高いスキルを持つ人間だけが取得できる国家資格であり、病気を治すということ。また健康を守るといった視点から、人であったり社会に対して貢献をすることができる職業あるといえます。

堅実であり、安定している技術職である薬剤師の動向は離職率が9パーセントと極めて低く、他の主要産業の離職率が16.4パーセントですから、比較をしてみても、半分以下に近い離職率を誇っていると言えるのです。同じ医療系の看護師などが、あれだけ高い離職率があるのを考えれば、一度就職すれば、そこに生涯を通じて働くというスタイルをとっていることが多いことがわかるでしょう。

しかし、薬剤師全体で見た場合、離職率は低いものの、男女別で比較をしてみると、女性の離職率が圧倒的に多いというデータが見られます。また就業形態別で見てみると、パート薬剤師の離職率が21パーセントにも登っており、非常に高い離職率であるという事ができます。これは女性の薬剤師のライフスタイルの変化によって、離職を余儀なくされたケースがその大半を占めています。つまり結婚を機に、居住地が変更になった。結婚をし、家庭に入り専業主婦としてのライフスタイルを確立した。妊娠出産のために離職を余儀なくされたなどのケースがほとんどなのです。

そして特に病院薬剤師の場合には、なかなか門戸を広くは開いていないということが分かっています。こういったことを見てもわかるように、離職者が出て、補充人員を募集したにしても、その数は圧倒的に少なく、なかなか競争率が高いということが言えるわけです。こういったなかなか募集案件が出てこない場所に就職をするためには、転職支援サービスサイトを利用するにつきます。

転職支援サービスサイトであれば、各病院への独自のパイプを所有していますから、一般的には公開されることはない、非公開求人を多く所有しているからです。ただ闇雲に個人の就職活動で、病院勤務を獲得することは、はっきりいって雲を掴むような話だと思うくらいがちょうど良い状況ですよ。病院薬剤師として、病院を勤務先に選択したいのであれば、迷わず転職支援サービスサイトを利用すべきでしょう。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!